TOCOS® 東京コスモス電機株式会社

  • HOME > 
  • DynPick®

DynPick®

静電容量型6軸力覚センサ
DynPick®商品画像
静電容量型6軸力覚センサ

シンプル構造で“しなやかな動き”を実現

DynPick®は6方向の力(Fx,Fy,Fz,Mx,My,Mz)を同時に検出する事ができる静電容量型力覚センサです。従来のひずみゲージタイプと違い、原理構造が非常にシンプルです。原理が静電容量方式のため、構成される部品点数も少なく、組立が容易な事から、大量生産も可能です。このことから過去には高価であった力覚センサを低価格で提供しています。

仕様(販売予定機種)

並進力(F)モーメント(M) Fx、Fy、Fz Mx、My、Mz
定格荷重 100N 4Nm
200N 20Nm
1000N 100Nm
Dyn

新モデルの力覚センサの開発はワコーテックによって行われました。 今後、生産・販売については東京コスモス電機が担当していきます。東京コスモス電機が車載搭載電子部品事業で培ってきた品質・生産力・販売力とワコーテックの力覚センサの技術開発力を生かし、力覚センサの事業拡大を図ります。
当製品は静電容量方式により、力の6軸成分をリアルタイムに検出し、人の手のような 感覚を持たせることが可能です。産業用ロボットの先端フランジに取り付けられる事が多く、組立・研磨・バリ取りなど、繊細さを必要とする様々な工程に利用されています。また、研究機関や大学にも非常に多く採用されています。

4つの特徴
originalstopper
originalstopper

1. 壊れにくい独自のストッパー機構

静電容量の検出原理を持つもうひとつのメリットとして、センサ内部がシンプルな構造なので内部にストッパー機構を設けてあります。従来の力覚センサは高価でありながらも「壊れやすい」という印象がありました。
それをDynPick®は独自のストッパー機構が入っていて、様々な方向からの過負荷に対してセンサの破壊を保護します。産業用ロボットのティーチング中の誤った動作でぶつけてしまっても、センサを保護します。
(ストッパー機構は、万が一のセンサ保護機能ですので、定格荷重範囲内でのご利用をお願いします)

lowcost

2. シンプル構造・設計による低価格化を実現

DynPick®は、従来のひずみゲージタイプと違い、原理構造が非常にシンプルです。
原理が、静電容量方式のため、構成される部品点数も少なく、組立が容易な事から、大量生産も可能です。
このことから過去には高価であった力覚センサを低価格で提供しています。
なお、現在スマートフォン、ゲーム機器、自動車の衝突検出に使われています加速度センサと角速度センサ(ジャイロセンサ)は全て静電容量型ですので、ご安心してお使い頂けます。

lowcost
lowcost
3. 防水防塵設計・CEマーキング対応

DynPick®は、産業用ロボットの先端フランジに取り付けられる事が多く、組立・研磨・バリ取りなど様々な工程に利用されています。
また、研究機関や大学にも非常に多く採用されています。使われるユーザー様がどのような環境でもDynPick®をご利用頂くため、IP65を標準仕様としています。
更には、CEマーキング(EMC適合指令 Emission:EN61000-6-4、Immunity:EN610000-6-2共に工業環境規格)に対応する事で、ノイズ対策も施していますので、どのような用途にも適しています。

sensor
4. センサ内部に補正用マイコン内蔵

DynPick®のメリットとしてセンサ内部に補正用のマイコンを内蔵しています。センサ内部で補正をおこなっていますので、ユーザー様は、センサへ電源を供給頂ければ、すぐに6軸分のデータを取得できます。
センサ出力はRS422を標準出力としていますが、変換モジュールをお使い頂ければ、USB出力、アナログ出力としてもお使い頂けます。

ynPick
お問い合わせ
はこちら