平成27年新春のご挨拶

株主の皆様へ 平成28年新春のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては、、健やかに新春を迎えられましたこととお慶び申し上げます。

年頭にあたりご挨拶申し上げます。



 

わが国経済は昨年、雇用情勢や企業業績などに改善が見られましたが、設備投資や個人消費に力強さに欠け総じて足踏み状態となりました。米国では個人消費や住宅投資を中心に拡大傾向が続き、欧州でも改善傾向が見られましたが、中国など新興国では経済成長に減速感が見られました。しかしながら、円安を背景に製造業の国内回帰の動きが見られ、当社にとってビジネスチャンスであると認識しています。


当社の平成27年を振り返りますと、中国経済の減速や大口取引先の生産調整、民生機器向けの普及価格帯品における価格競争の激化、さらには不採算部門の構造改革等の要因により、厳しい状況が続きました。一方、積極的に新規受注活動を展開してまいりましたところ、非接触角度センサや面状発熱体(ヒーター)などの車載用電装部品、民生用ボリュームなどで多くの案件を獲得することができ、飛躍に向けて体制を構築することができたと考えております。こうした新規受注に応えるため、福島県白河市と中国広州市に工場を増設ないし新設し、今年末までには最新式の設備による生産を開始する予定です。また昨年、大分県中津工場において需要の強い小型半固定抵抗器の生産ラインを増強し、今年も福島県会津工場において面状発熱体の新製品生産ラインを新設する予定です。さらに、省力化や品質向上のための設備投資も積極的に行ってまいりました。新製品の多くはカスタムメイドのため、受注から量産に至るまでに2-3年がかかり、その間は経費先行となりますが平成29年以降、当社の業績に大きく寄与するものと確信しています。

以上を踏まえ、今年の行動指針におけるキーワードを

「ワントーコス 人は変身、会社は革新。プロフェッショナルは常に進化しつづける」としました。

平成28年をトーコス飛躍へのマイルストーンと位置づけ、構造改革で生じた人員や新規雇用者を投入し、技術開発体制を強化してまいります。グローバル市場における厳しい企業間競争に打ち勝ち、事業を拡大していくためには、製販開(製造・販売・開発)が一体となってユーザーのニーズにあった高品質の製品をタイムリーに供給していく必要があります。強い企業体質の源泉は社員一人ひとりにありますので、一人ひとりがプロフェッショナルとの自覚をもって、常にレベルアップしていく企業を作ってまいります。また、会社も不断の改善努力を継続することで、厳しい企業間競争に勝ち残ってまいる所存です。

昨年の新春ご挨拶で、新規案件受注のため、平成27年は飛躍への踊り場になる可能性があります、と申し上げました。新規受注案件は昨年年初の予想をはるかに上回っておりますので、今年も踊り場が続くと思われます。しかしながら、相次ぐ新規受注で社内の士気は高まっており、各プロジェクトの立上げに万全を期しております。今年の干支は申年でありますが、申の原字は「伸(のばす)」と言われております。事業を大きく伸ばし、必ず株主の皆様のご期待にお応えできる成果をあげたいと考えておりますので、引続き株主の皆様のご支援をお願い申し上げます。

 新しい年が株主の皆様にとって、素晴らしい年になりますことを心よりお祈り申し上げ、新春のご挨拶とさせて頂きます。